なぜ東南アジア人はギャンブラーの割合が偏って高いのか

ギャンブラー

統計によると、アジア人は西洋人よりも問題ギャンブルの影響を受けやすいことは明白である。多くの研究グループは簡素化された、素人でも分かる言い回しで説明された同じ理由を発見した。

文化的な重要性

歴史を通してアジア人コミュニティはボードゲームを使って社会的な交流をしてきた。したがってギャンブルがコミュニケーションや交流の方法として広く許容されてきたのは驚くことではない。中国の思想家孔子は悪行であると主張したが、上流階級は副収入としてギャンブルを利用した。上流階級と庶民が同じようにギャンブルを活用したことについての文献は古代中国、インド、そしてベトナムでも散見される。

文化的な重要性

迷信的な信仰

2000年に行われた、ビクトリア・カジノ・アンド・ゲーミング・オーソリティの中国人移民についての研究によると、45%の中国人ギャンブラーはギャンブルで「運だめし」をすると言った。「運勢」とは、アジア人にとって成功の大きな要素だと信じられ、ギャンブルによってテストされる必要があると感じているようだ。

助けを求めることに積極的でない

社会交流と世間的なメンツを必要とするアジアの国々では、人々は問題を隠そうとする。もし彼らがギャンブル問題のような悪行があれば、彼ら自身にもその認識があるにも関わらず、専門家の助けを求めるのではなく自分たちで解決しようとする。なぜなら、問題は家族内で解決することが前提のアジアの国々では、専門家に助けを求めることは弱さのサインと考えられているからだ。

コントロールの幻想

ギャンブラーは二つの想像のコントロールを持っていると考えられている。ひとつは自身の結果は自身の行動の結果であるとする「内向き」な考えであり、もうひとつは物事の帰結が超越的存在により決定されるとする「外向き」な考えである。アジア人ギャンブラーは後者のカテゴリーにあてはまる傾向があり、彼らが習慣をやめることができない別の理由である。彼らは運勢がいつでも変わってしまうと信じており、それがお金をつぎこんでしまう原動力となっている。

コントロールの幻想

対処メカニズム

特定の仕事に関連した社会的な不名誉が存在することや、雇用機会が減少しているため、アジア人は他国よりも仕事を探すことが難しい。したがって、失業の不名誉を和らげ、少しでもお金を稼ぐため、彼らは収入の手段としてギャンブルに身を投じる。

結論

問題ギャンブルはアジアで広がりをみせている。オンライン・ギャンブリングが流行するなか、アジア人は問題ギャンブルにより一層触れる機会が増え、危険に対して備えが脆弱である。最適の方法はギャンブリングの悪影響と、専門家の助けを求めない問題について教育することである。アジア人は歴史的に繊細な人々であり、感情的につながることができればガイドラインによく従うため、各民族に伝わる物語や話を通じて教育することが良い。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *